LONELY PLANET

Capture the City Photo Competition

In May 2012, Lonely Planet launched the Capture The City photo competition askind their global Facebook community to submit a photo of a city landmark or iconic view wich captures the essence of a world city. The prize for the winner was an poortunity to have their image reproduced on the cover of a new Lonely Planet City or Pocket guidebook. Over 3500 images were submitted from cities all over the globe, a selection of the best 10 were seen at the FOYLES bookshop, London.

 

Out of over 3500 entories, my Sydney picture was chosen to be the one of the 28 finalist, and out of this 28, my picture won the top 10 and exhibited at FOYLES bookshop in London. 

 

  • The finalist
  • The Sydney winner

 

2012年5月、Lonely Planetより、Capture the City CompetitionがFacebook上で開かれました。世界中のFacebookユーザへ、世界の主要都市のランドマーク、有名な景色の写真を提出するよう声を掛けたコンテストでした。優勝者には、その写真が次期のLonely Planet ガイドブックかポケットガイドの表紙に使われるプライズでした。世界中から3500枚以上応募があり、その中のベストの10枚がロンドンにある、FOYLES bookshopにて飾られました。 

 

 

 

 

このコンテストにて、私のシドニーの写真が世界中から応募された3500枚以上の作品の中から、28枚のファイナリトに選ばれ、更にその中からベスト10に選ばれ、ロンドンにある、FOYLESという本屋さんに展示されました。

 

  • ファイナリスト
  • シドニー優勝

 


Lonely Planet blog ( Capture the City Photo Competition, the Winner)

Sunrise, Sunset: City Photos at the Golden Hour

In this section, my Sydney Opera House and Charles Bridge (Prague, Czech) were indtroduced. 

 

From Lonely Planet blog...

In travel photography, light can either be your best friend or a horribly mismatched travel companion. The way the light enters and consumes the scene can either enhance or diminish the destination’s beauty. The best travel photographers know how to spot and utilize the ‘right light’, making their photos leap off the page and irresistible to fellow travelers.

The light at the very beginning and end of each day – the so-called ‘golden hour’ – is the most popular among photographers, and works particularly well with city photos. The low-angled light, the long shadows, the contrasting light and dark, and the vivid colors of dawn and dusk allow a city’s beauty to shine through (no pun instead), without all the hustle and bustle of surrounding tourists and residents getting in the way.

このセクションでは、シドニーオペラハウスと、カレル橋(チェコ プラハ) の写真が紹介されました。

 

ロンリープラネット ブログ より

旅行写真を撮影する上で、光は旅のベストフレンドか、最悪な”ツレ”になる事があります。光がカメラのセンサーに入る事により、その景色を更によくしてくれるか、悪く見せる事もあります。優れたフォトグラファーは”正しい光”を捕まえ、他のトラベラーを魅了させます。早朝、また日没の時間帯は”Golen Hour(マジックアワー)”として知られ、多くのフォトグラファーに一番好まれ、特に市街フォトグラフィーによく使われます。低い光、長い影、光と影のコントラスト、なんとも言えない色が市街の美しさを引き立てます。また、この時間は旅行者も減るので、人が写真に入る事もさけられます。

 

Golden Hour at Charles Bridge, Prague, Czech
Golden Hour at Charles Bridge, Prague, Czech

Lonely Planet blog (Sunrise, Sunset: City Photos at the Golden Hour)

About Capture the City Photo Competition

Lonely Planet
Capture the City Photo Competition 2012

*Sydney Winner

*The top 10 Finalist

Detail